千葉県 木更津・君津・富津・袖ケ浦市のグルメ・ヘアサロン・エステサロンなどのお店検索&お得なクーポンをゲット!ケイトチャネル

今月のkate magazine

最新クーポン

先着50名様(試乗会)
体験レッスン料金が無料
乗馬クラブ クレイン千葉富津
バレエオープン&プレバレエ
入会金半額!
きさらづアートスタジオ
体験コース 90分
¥3,240→無料
mahana eyelash school
秋のご入会キャンペーン
入会金50%OFF
カルチャー君津
入会金50%OFF
造形教室&アートセラピー Cosmic art Mira
クーポン一覧はこちら
プレゼント
プレゼント

木更津エリアの求人

学校法人美和学園 美和幼稚園
株式会社ラディウス
株式会社 caldospesso
イベント情報
オフィスデリバリー
店舗ログイン

いつでもどこでも木更津エリアの
お得な情報をGET!kate channelスマホサイト

http://www.kate-omot.jp/

アクセスカウンター

  • 今日:99
  • 昨日:1422
  • 累計:2231574
ローカルレポ - kate magazine

限りない可能性を秘めた未来のために、アドバンテージを築く「適期教育」

  • kate編集部
  • 2018.04.27
限りない可能性を秘めた未来のために
アドバンテージを築く、適期教育
 
毎日が発見で、毎日が感動の子どもたち。
この世に生を受け誕生してから、やがて親を見分け、歩き、言葉を話せるようになり、考える能力もできてくる幼児期の発達は、目覚しい限り。
親の責任として、そんな幼児期にしてあげるべきこととは何か?
そんな疑問について、思いを巡らせ、実際に幼児の教育の現場に足を運んでみた。

 
知能の完成度は
3歳までに 6歳までに
約60% → 約80%

ユニセフが発表している“世界子供白書”の冒頭で、
「子どもが3歳になるまでに、脳の発達がほぼ完了する。子ども時代の初期では親や家族やその他の成人との間の経験や対話が子どもの脳の発達に影響し、十分な栄養や健康や綺麗な水などの要因と同じくらい影響力を持つ。この期間に子どもがどのように発達するかが、後の学校での学業の成否を決め、青年期や成人期の性格を左右する」
と断言し、文部科学省も“幼児教育の無償化の論点”にて
「就学前に適切な教育刺激を受けておかないと、その時期にしか発達しない能力が十分に発達しない。就学前における能力の発達があれば、就学後における教育の効果は大きくなる。しかし、それがなければ、就学後の教育効果は小さい」
と主張するアメリカの労働経済学者ヘックマン教授の主張を資料として添付。

幼児期のあり方が、人の性格、知能、運動能力に決定的な影響を与える事は、疑いのない事実として、膨大な調査研究の結果として証明されている。そこで今回、幼児期の能力開発の重要性にいち早く注目し、「学ぶための基礎を育む適期教育」を実践している君津市にある“美和幼稚園”を訪ね、現代の幼児教育環境を見て来た。
 

 
子どもたちのたくさんの可能性を伸ばすために
実践されている、専門講師による「特色教育」。
 
考える力を育てる ~知能は遺伝では決まらない~
『しっかりと見て、聞いて、自分の力で考え、やってみる』。
J.P.ギルフォード博士の知能構造理論に基づいて、様々な知能因子を刺激し、教えるのではなく、自ら考える力を身につけさせ、柔軟な思考力と、じっくりと考え取り組む集中力を養うことを目標とした能力開発に最適な知能教育教材「積み木教育」を導入。
幼児の知的好奇心を惹きつける教材を用い、手先を使いながら考えさせ、思考力・意欲・態度・自学自習する姿勢・粘り強さなどの生きる力を育てることを目的とした能力開発教育である。
“考えるプロセス”と“気付く行為”、そして、“失敗を恐れず挑戦する”。この一連の能力こそが、全ての学ぶ力に重要であり、生きる力の礎と考えられている。
“ほめて、認めて、子どもの意欲を育て、一人ひとりの能力を伸ばす教育”。
柔軟な思考力を養い、脳を刺激する知能教育は同園を代表する特色教育であり、1歳半から始められる課外教室も開講している。積み木教育を目当てに入園を決められる親御さんが多いことも頷ける。
 

『話せる英語、使える英語を身につけるために』。
国際社会でのコミュニケーション能力が求められている現代の社会情勢の中で、学ぶ英語でなく、コミュニケーションツールとしての「話せる英語」「使える英語」の習得を目指して、平成26年度に年中組・年長組に英語教育カリキュラムを使用した英語コース学級を設置。
使用するカリキュラム“GrapeSEED”は、日本全国の幼稚園はもとより、海外でも効果が高く評価され、アメリカ・ミシガン州の公立小学校50校で、英語を母語としていない移民の子ども向けに、GrapeSEEDカリキュラムが導入されているなど、世界15ヶ国約500校で採用され、4万人以上の子ども達がこのカリキュラムを利用している。
同園では、カリキュラムに沿って、常勤の外国人講師による40分間の授業が毎日行われているが、授業中は、日本語の使用は一切禁止である。言語形成期の幼児期から、毎日英語だけの時間をつくることで、無理なく自然に、まさに、母語を学ぶように言語の吸収を図っていく。
 

 
「大人になってからの経済状態や生活の質を高める上で、就学前教育が有効であることが実証された」。
 
先述のヘックマン教授によると、幼児期における教育は、社会的に成功する上で重要な能力 “やる気や学習意欲、努力や忍耐”などの非認知能力を高めることに貢献するという。
幼児期が、生涯にわたる人間形成の礎となる、運動能力、思考力、言葉、情緒、感性などが育ち、発達していく大切な時期であるということ。
「子どもたち一人ひとりの才能の芽を伸ばすために。子どもたちの“一生懸命”がいっぱいつまった幼児期であるために」。
知的活動に集中して取り組むための環境の中で、よりよい学習機会を多く与え、早い段階から教育を行うことはとても重要なことであり、基礎づくりは早い段階から始めたほうが有利に働くことは間違いない。
ただし、知識を詰め込むことや学校の先取りの早期教育ではなく、思考のプロセスを大切に、学びの土台づくりをしっかりと行うことを目的とした、最適なタイミングで成長に合わせた教育をする“適期教育”という考え方が、子どもたちの基礎能力のベースアップを図り、将来へのアドバンテージを高く積み上げる。
 
 
学校法人美和学園 美和幼稚園
今年度で創立45年を迎えた伝統ある私立幼稚園。
『あしたのじぶん、もっとかがやいて』のスローガンの基、幼児期の今でしか体験できない“発見を”、“喜びを”、“楽しみを”、子どもたちと一緒に肌で体感しながら、情操豊かな心の保育と、自ら考え行動できる自立心を養うため、積み木教育や英語教育をはじめ、体育指導、室内温水プールでの水泳指導、音楽教育、道徳教育などさまざまな特色教育を積極的に取り入れ幼児教育環境づくりをしている。
また、2歳児教室も設置し、早い段階から集団生活の中でのさまざまな体験、経験を通じて「自ら考え自ら気付く“知”、心豊かに心優しく“徳”、元気でたくましく“体”」の知徳体を調和的に発達させ、トータルで魅力ある人間形成を目指している。
なお同園では、積み木教育の開発本部である「にっしん」より講師を招き、実際に教材を使用した体験会や、子育て支援の一環として、未就園児を対象とした親子教室「おひさまCLUB」も主催している。適期教育の様子や園の雰囲気を知ることのできる絶好の機会に、ぜひ参加をお薦めしたい。
 
<積み木教育体験会・子育て支援講話会>
 5月31日(木)10:00~  6月 1日(金)13:00~

<未就園児親子教室おひさまCLUB>
 5月21日(月)「早期教育 積み木で育てよう 知能と心 Ⅰ」
 6月18日(月)「やってみよう!親子体育あそび」
時間/14:00~15:00 参加費/初回参加時のみ登録料600円

*対象/平成27年4月2日~平成29年4月1日生まれ
*事前予約制

<平成31年度 第1回入園・入室説明会 9月22日(予定)>

学校法人美和学園 美和幼稚園
君津市西坂田2-12-15/TEL.0439-52-7128




*大きな画像で見る場合は、画像をタップしてください
*PDFデータはコチラから

 
kate magazine 巻頭特集 教育 幼児
220pv

この記事の投稿者

コメント